脱毛のやりかたは、あれこれと色々とあります。

seonk51k脱毛と一口に言っても、その手段はプロにお任せのエステサロンや皮膚科などから手作業の自己処理に至るまで様々なものがあります。エステサロンでの処理方法には、針を一つ一つの毛穴に刺していって電流を流して毛根にダメージを与えるタイプのものと、レーザーを照射して毛根にダメージを与えるタイプのものと、大きく分けて二通りのものがあります。自己処理の方法には、オーソドックスなものから言えば毛抜きで一本一本直接つまんで抜くもの、かみそりで剃るもの、電動のシェーバーで剃るもの、電動シェーバーとは別の家庭用の脱毛器具で、熱線で処理するもの、レーザーで処理するもの、ワックス、テープなどなど、実に様々な方法が存在します。むだ毛処理に関するサービスやグッズの種類の多さには女性のむだ毛に関する悩みの深さが背景にあるのがうかがい知れます。

プロのサービスで言えば、昔は針を刺して電流を流すタイプがメインであり、この方法は痛みが強く、完全に終了するまでには費用も高額なものとなっておりましたが、最近ではより手軽で強力なレーザーによる処理がずいぶんと普及しており、その影響もあってエステサロンなどでの処理もずいぶんと安価なプランが登場してきました。手作業による自己処理の方法としては、かみそりの種類が処理したい部位などに応じて様々に細分化されています。

顔そり用のかみそりでも、眉毛周りの処理用に幅の2、3センチしかないようなものもあり、また、最近ではT字のシェーバーで女性向けに販売されているもので、かみそりの刃の前後に石鹸のようなものをセットして、肌を保護しながら剃っていくようになっている商品が人気を集めています。逆に一昔前はよく売られていたテープ式のものや薬剤を塗って乾かしてはがすタイプのワックスなどはあまり見かけなくなりました。これらの傾向からして、女性はむだ毛の処理については費用対効果を重視しながらも痛みや肌の保護についても気にしているということが言えます。

This entry was posted in 脱毛.